• いらっしゃいませ
  • 観葉植物の販売・通販

 

 

News 新着情報

New Icon
2017-7-23

観葉植物4品を更新いたしました。

厳選された観葉植物4鉢を追加いたしました^^

2017-7-22

観葉植物9品を更新いたしました。

大きなシマトネリコなど、観葉植物9鉢を追加いたしました^^

2017-7-21

観葉植物8品を更新いたしました。

オシャレなフランスゴムの木やベンガルボダイジュなど、観葉植物8鉢を追加いたしました^^

2017-7-20

観葉植物8品を更新いたしました。

希少なアマゾンオリーブや素敵なベンガルボダイジュなど、観葉植物8鉢を追加いたしました^^

2017-7-19

観葉植物7品を更新いたしました。

大きなベンジャミン・カールや人気のベンガルボダイジュなど、観葉植物8鉢を追加いたしました^^

2017-7-18

観葉植物20品を更新いたしました。

本日大量に追加です、観葉植物20鉢を追加いたしました^^

キーワード検索

フィカス・アルテシーマ

学名:Ficus altissima 洋名:council tree, lofty fig 
和名(別名):フィカス・アルティッシマ、フィカス・アルテシーマ 
科属:クワ科 フィカス属 原産地:東南アジア


特徴

インドゴムノキにやや似ていますが、園芸種は葉縁に鮮やかな黄斑が入り、葉脈も黄色で浮き出るなど、そのコントラストが美しい種類です。葉の雰囲気はインドゴムノキにはみられない感じで、原産地では樹冠の広い大木になります。


置き場所

強い光を好みますが、性質は丈夫で、耐陰性も強いので、年間を通して明るい室内で楽しむことができます。冬以外は戸外でもかまいませんが、真夏の強光に当てると日焼けすることがあるので、日光の強いときは半日陰にします。耐陰性が強いとはいえ、冬は日照不足になりがちなので、できるだけ太陽光に当てるほうがよいでしょう。 エアコン等の温風、冷風に直接当てないようにして下さい。


水やりのタイミング

生育期には用土が乾いたら十分に水を与え、葉水をかけて湿度を保ちます。生育の止まった低温期でも、月に数回の灌水は必要です。水不足でも急に葉が垂れることはないので、気づきにくいのですが、下葉が枯れ落ちる原因の多くは水不足です。冬は鉢土が乾いてから3、4日経ってから水を与え、渇き気味に管理します。但し、冬場は、暖房などによる部屋の空気の乾燥が激しい為、霧吹き等でまめに葉水を与えるようにします。葉が大きいので埃などで汚れがちですが、葉水はこれを洗い落とす効果と湿度を保つ効果があり、多湿を好む本種には葉水は不可欠です。


温度・越冬

生育適温は20~30℃程度です。耐寒性は比較的強く、5℃あれば十分に越冬するので、普通の室内なら問題はありません。


肥料

夏の生育中のみ緩効性肥料の置き肥か、液肥をときどき与えます。ただし、株を大きくしすぎないように、窒素をやや控えめにするとよいでしょう。


年間管理スケジュール

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
置き場所 室内の日当り 戸外の日当たりOK 室内の日当り
水やり 控えめに やや控えめに 表土が乾いたらたっぷり やや控えめに 控えめに
肥料         1ヶ月に1回 置き肥    
病害虫       ハダニ、カイガラムシの防除、炭疽病        
その他         挿し木、取り木
株分け、植替え
       

Copyright (C) 2006 観葉植物の通販ならe-RANAll Rights Reserved.