• いらっしゃいませ
  • 観葉植物の販売・通販

 

 

News 新着情報

New Icon
2017-7-23

観葉植物4品を更新いたしました。

厳選された観葉植物4鉢を追加いたしました^^

2017-7-22

観葉植物9品を更新いたしました。

大きなシマトネリコなど、観葉植物9鉢を追加いたしました^^

2017-7-21

観葉植物8品を更新いたしました。

オシャレなフランスゴムの木やベンガルボダイジュなど、観葉植物8鉢を追加いたしました^^

2017-7-20

観葉植物8品を更新いたしました。

希少なアマゾンオリーブや素敵なベンガルボダイジュなど、観葉植物8鉢を追加いたしました^^

2017-7-19

観葉植物7品を更新いたしました。

大きなベンジャミン・カールや人気のベンガルボダイジュなど、観葉植物8鉢を追加いたしました^^

2017-7-18

観葉植物20品を更新いたしました。

本日大量に追加です、観葉植物20鉢を追加いたしました^^

キーワード検索

アレカヤシ

学名:Chrysalidocarpus lutescens  洋名:Yellow Butterfly palm  
和名(別名):コガネタケヤシ 科属:ヤシ科 クリサリドカルパス属(ヤマドリヤシ属)
原産地:マダガスカル島

 

置き場所

比較的、耐陰性が強く年間を通して室内で管理することができます。室内で管理すると葉の色が濃いグリーンいろとなります。別名のコガネタケヤシである明るいグリーン色の葉を楽しみたい場合は、出来るだけ日の当たる明るい場所で管理する必要があります。但し、直射日光に急激にさらすと葉焼けをおこしてしまうので注意が必要です。生育の適正気温は20℃~30℃程度で、高温多湿を好みます。アレカヤシは他のヤシ類に比べ高温性の植物ですので、越冬には8℃以上は必要です。また、夜間の冷え込みができるだけ起こらないような環境で育てることが大切です。 ◇冬~春:前項に沿った場所で管理します。室内管理での注意点は低温と乾燥です。耐寒性がやや弱いので暖房が切れた夜間の室温に注意して下さい。それと、エアコンの温風が当たらないようにしてマメに霧吹きで加湿して下さい。


◇冬~春:前項に沿った場所で管理します。室内管理での注意点は低温と乾燥です。耐寒性がやや弱いので暖房が切れた夜間の室温に注意して下さい。それと、エアコンの温風が当たらないようにしてマメに霧吹きで加湿して下さい。

 

◇春~秋:外気温が20度程度になると生育期に入ります。冬の室内管理で弱ったり樹形が乱れた植物は、この季節にメンテナンスを施す事でかなり回復します。可能であれば屋外の直射日光が当たらない明るい日陰に移動させ水やりと葉水を行い、定期的に肥料も与えて管理します。 一年を通して室内管理のみの場合は、生育期に出来る限り自然環境に近づけて下さい。光線不足になると新芽の展開が悪くなったり、葉の色が薄くなったりします。エアコンの冷風にも注意!

 


水遣りのタイミング

生育期の5月~9月では、鉢土表面が白っぽく乾いてきたら十分な水を与え、葉にも葉水を与えてあげると良いでしょう。ハダニの発生防止の為にも葉水は特に大切です。冬は、鉢土表面が白っぽく乾いて3~4日してから、鉢土に水を与えます。この時、水を与えるタイミングとしては天気の良い午前中に与えてあげると尚良いです。そして、週に1~2回程度、日中の暖かい時間に霧吹き等で葉水を与えてあげましょう。寒さに弱いので植物の耐寒性を上げるためにも冬の水やりは控えめにする事が大切です。受皿に溜まった水は必ず捨てて下さい。根腐れの原因のひとつになります。


日陰

日当たりの良い場所と違い、葉の色合いは淡いグリーン、葉厚も少し薄めに育ちます。 (日当たりの悪いところでは、生育も鈍り、時には落葉したりします。出来るだけ明るいところに置きましょう。)


肥料

時として、生育に大きく影響します。通風が悪いと、ひ弱に育ってしまいます。 (下葉が落ちたりする事もあります。時折屋外の空気にさらしましょう。)


温度

10℃以上あれば良いですが、それより低い場合は水やりを控え気味にして、その代わり葉に霧吹きをして上げてください。最近の住宅事情を考えますと、一般家屋の場合でも管理しやすい部類に入ると思います。マンションや寒冷地域で暖房の効いたお部屋なら全く問題無く管理できます。


土の表面が乾いてから、たっぷり与えてください。良く観察して見ていると、水分が少ないと 葉が下向きに下がって、水を下さいとサインを発して居るのが良くわかります。乾燥する冬季には葉水はかかせません。


肥料

生育が始まる5月~9月までの期間(生育期)は、1.5~2ヶ月に1回の割合で置き肥用の緩効性化成肥料を施します。又、水替りに3回に1回の割合で希釈した液体肥料を併用しても構いません。


害虫

水ぎれや乾燥状態になると、ハダニやカイガラムシが発生しますので早めに駆除します。


備考

元気に多くの葉が繁ってきたら葉を間引く(剪定)事も大事です。

Copyright (C) 2006 観葉植物の通販ならe-RANAll Rights Reserved.